gleich zum inhalt springen

MRへの転職

薬剤師資格を持った方の仕事の1つとして製薬メーカーのMR(Medical Representatives)があります。
これは簡単にいえば製薬メーカーの営業担当者なわけですが、医療機関に訪問し、自社の医薬品情報の提供と医師や歯科医師・看護師・薬剤師等から使用された医薬品の効き目や副作用などの情報を収集して、自社にフィードバックするという役割を果たしています。
現在、薬局等で薬剤師として働いている方にはMRに対して、あまりいいイメージを持たれていない方もいるかもしれません。
大学の同期生がMRになって営業成績を上げるため大変な思いをしていたとか、医師の接待やご機嫌伺いに明け暮れている、朝から晩まで病院に張りついたり飛び回っていると言う印象があるのでしょう。
確かにそういう時代もありましたが、状況はかなり変わってきています。
医師など医療機関とMRの関係の透明性と信頼性の確保のため、医療用医薬品製造販売業公正取引協議会により公正競争規約が改定され、2012年4月からは接待などの利益供与が原則として禁止されています。
これからのMRには、本来の職務である医療機関への情報提供と医薬品の有効性と安全性の確認、そして、自社製品の普及に、接待以外の方法、すなわち、専門的な知識やプレゼンテーション力、コミュニケーション力を駆使して務めることが要求されます。
MRになるには特別の資格は必要ないのですが、薬剤師資格の保有者がかなりの割合でいます。
また、MR認定センターで試験を受けて認定MRになることへのニーズも高まっています。
試験を受けなくてもMRとして働くことはできますが、現実問題として認定MR以外は受け入れないという医療機関も増えており、より高度かつ専門的な知識をもったMRが求められています。
一部、飽和状態になっている医薬品の分野もありますが、一方ではガンや認知症・現在では治療の難しい病気に対する新薬の開発や研究が行われており、それらの情報提供や普及のためにMRの活躍の舞台は続いていくことでしょう。
薬剤師求人に見るMRの募集では、MR経験者およびMR認定を受けている方が優遇される場合が多いです。
また医療機関を車で回るため、ほとんどの求人で自動車運転免許が必要になります。


admin in