gleich zum inhalt springen

介護に関わる薬剤師求人

薬剤師が介護の分野に関わることが増えてきています。
というよりは、積極的に在宅療養や介護を受ける高齢者に関わることが求められている時代ということができます。
高齢化の進展に伴う要介護者の増加や、ガンや糖尿病などで在宅療養をする患者さんが増えています。
その状況で薬剤師が在宅訪問を行って居宅療養管理指導を行ったり、老人ホームなどの介護施設で服薬指導を行うニーズが高まっているのです。
在宅介護や介護施設での高齢者ケアはケアマネージャーを中心に介護職員が行っています。
また医師や看護師のチームによる在宅医療も行われています。
その中で、これまではあまり薬剤師が関わる機会はそう多くありませんでした。
しかし、高齢者や在宅療養患者の多くが、高血圧や糖尿病、緑内障など複数の疾患を抱えており、複数の薬を服用している場合が多いです。
担当医師が違えば、その種類や量も無数に増え、飲みあわせによる副作用などの心配も生じます。
また高齢者世帯や独り暮らしの場合、薬の保管や管理ができていない、飲み忘れが多いなどの問題もあります。
そこで薬剤師による服薬指導や副作用等の早期発見と医師やケアマネージャーとの連携が不可欠になっているんです。
その重要性や必要性に気付いた在宅介護サービス事業者は、積極的に薬剤師求人を増やしています。
一方、調剤薬局などが事業の一環として訪問サービスを行うところも増えています。
保険薬局の場合、介護保険法の規定で居宅療養管理指導を行う居宅サービス事業者となることができますが、実際に行っているところはまだそれほど多くはありません。
しかし、高齢化が進んでいる地域では地域密着型のサービスとして、訪問による居宅療養管理指導を手掛けることで、お客さんを待つ型のビジネスから、自ら出向くビジネスへと路線を拡大することができます。
また訪問先の家族が、訪問する薬剤師を頼って薬局を利用するようになるなどの相乗効果も期待できます。
介護に携わる薬剤師には、通常の専門能力に加えて、高齢者への配慮や家族や介護職員・医師等との高いコミュニケーション能力、他人の自宅を訪問するうえでの高い倫理性などが求められます。


admin in