gleich zum inhalt springen

薬剤師求人を見て、将来を考える

私の知りたいの方で薬科大学に通わせる娘さんがいる人がいます。
一番はじめに、娘さんが薬剤師になりたいと行ったときには、簡単にわかったとはいえなかったといいます。
それは、なんといっても学費の問題です。
国立の薬科大学にはいるのはかなりレベルが高いようですし、もし私立になったとたら学費がかなり高いということと、それが6年間という期間になるので即答できなかたっということでした。
でも、娘さんの決意が固いということと、資格をとれば一生できる仕事ということで結果許したそうなのです。
null実際薬剤師の年収はかなり高いです。
男性でも女性でも資格をとれば大差ないようで、500万以上は当たり前に稼げます。
さらに経験を積んでいけばさらに高収入になっていくそうなのです。
普通女性で簡単に500万なんてかせげないことを考えたら本当に恵まれた仕事だと思います。
もちろん、そこまでにいたるまでには相当のお金がかかるという前提ですけど。
薬剤師さんは、ずっと同じ病院で働くというよりも、転職をしていくかたが多いようです。
結婚したり、ご主人の転勤などがその理由ですが、どこにいこうと仕事がみつかりやすい仕事ともいえます。
そしてそういうときには、薬剤師専門の転職サイトなどを利用してみつけていくのが多いらしいです。
もちろん、年収も仕事をみつける条件になっていくでしょう。
だれでもより高い年収でしっかりとした仕事をしたいとおもうものですから。
そんなときは、自分の希望の年収や勤務体系を登録することによって、仕事がみつかるシステムになっていくようです。
どんなに世の中が不況であっても、医療関係の仕事、とくに医師や薬剤師はいつも人材不足ですから薬剤師求人は沢山あり、仕事がみつからないということがないのです。
さらに、定年がないので、体が元気な間は仕事ができるというのもとても、恵まれた仕事といえます。
年収がたかく、安定していて、ほんとうにやりがいのある仕事だと思います。