gleich zum inhalt springen

ドラッグストアの薬剤師求人はどんな特徴があるの?

ドラッグストアは一般医薬品の販売のほか、日用品や雑貨などまで幅広く扱うお店です。
多くがチェーン展開をしており、全国に広く店舗を構えるところもあれば、1つの県や一定の地域で複数店舗を展開する地域密着型の中規模チェーンなどもあります。
地域や店舗の立地にもよりますが、夜21時、22時と遅くまで営業をしているところや、中には24時間営業を行っているところもあります。
行きかう人の絶えない駅前や、ライフスタイルが多様化し夜間に働いたり出歩く人も多い都心部では、営業時間が長い店舗が多いようです。
また、デパートやショッピングセンター、家電量販店など商業施設の一角に出店している場合は、その商業施設の営業時間に合わせるため、遅めの時間まで営業することが多くなります。
病院の近くで運営される調剤専門の薬局は、病院の開院に合わせ土日や祝日が定休日であったり、少なくとも日祝はお休みが多いですが、ドラッグストアの場合は基本的に定休日はなく、年中無休のところがほとんどです。
薬剤師がいなければ医薬品の販売ができませんから、どの時間帯も薬剤師が確保できるよう、薬剤師求人は必然と増えます。
特に駅前や人気の商業施設に入店するドラッグストアでは、ひっきりなしに多くのお客さんが訪れるので、必要な販売スタッフの数も多くなります。
いつどの状態で医薬品について尋ねられても対応できるよう、顧客サービスの観点から、店舗スタッフは全て薬剤師としているドラッグストアも多く、その人材の確保に必死です。
薬剤師としても土日祝日、昼間、夜間を含め、多様な働き方ができるのがドラッグストアだといえます。
また、ドラッグストアでも調剤薬局を併設しているところもあります。
調剤経験を要求する求人もありますが、調剤未経験でも採用してくれるところもあります。
健康保険の適用される保険薬局で調剤を行う場合には、薬剤師資格に加えて、勤務地を所管する厚生局事務所で保険薬剤師の登録が必要になります。
試験などは貸されませんが、調剤報酬の算定など健康保険法などで規定されている保険調剤のルールを熟知する必要があるため、研修会等に参加する必要があります。
こうした登録の手続きについても勤務先でサポートしてくれるはずですが、希望の勤務地が決まっているのであれば、個人的に登録を済ませておくと、転職がスムーズかもしれません。


admin in