gleich zum inhalt springen

治験コーディネーターへの転職

薬剤師の仕事というと病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬メーカーでの調剤や研究などを思い浮かべることが多いでしょう。
しかし、最近注目が高まっているのは治験コーディネーターという仕事です。
治験コーディネーターはCRC(Clinical Research Coordinator)とも呼ばれ、新薬の開発や臨床研究において重要な役割を果たしています。
治験コーディネーターは製薬会社が開発して販売の承認に向けてデータを揃える際の治験において、製薬会社と治験を実施する医療機関の担当者や医師、そして協力する被験者(患者等)およびそのご家族の間で調整役となる人物です。
製薬会社の開発した新薬の知識を的確に伝えるとともに、治験が予定どおり行われるようスケジュール調整を行ったり、医師への説明や治験状況の確認、被験者への説明や副作用等の確認、不安を取り払ったり相談に応じるといった業務、そして治験実施の報告など、幅広い業務をこなしていきます。
治験コーディネーターには特別な資格は要求されませんが、その多くが薬剤師・看護師・臨床検査技師など薬剤の知識と医療に関する知識を持ち得た人たちです。
治験コーディネーターには薬学や医療・臨床に関する専門知識に加え、高いコミュニケーション能力や計画管理力、事務処理能力が求められます。
医師との専門的な会話、被験者等への配慮ができ、治験を滞りなく実施する能力と報告書作成などの事務処理を正確かつ迅速にこなせる力が必要なのです。
もちろん、被験者のプライバシーに配慮したり、治験のルールを守るコンプライアンスの遵守や高い倫理性も要求されます。
こう書くと難しそうと思われてしまいますが、専門能力と多様な経験を活かして働ける、チャレンジしがいのある仕事の1つです。
薬剤師求人にも治験コーディネーターの募集が増えており、主に治験コーディネーターを派遣するSMO(治験施設支援機関)の募集が目立ちます。
また製薬メーカーや病院の治験管理部門で求人を行っているケースもあります。


admin in